フェンディのアイコンバッグ「バゲット」から、ヴィンテージの“パープルスパンコール”モデル復刻

小脇に抱えて持ち歩く姿が「フランスパン(=バゲット)」に似ていることから、その名がつけられた「バゲット」バッグ。1997年、シルヴィア・フェンディによって誕生して以降、これまでに5,000種以上のデザインが発表されてきた。

ショートムービー内でサラが持っていたのは、ミディアムサイズのバゲットバッグに、様々な大きさや形のパープルのスパンコールを全体にあしらったモデル。マグネットで開閉するフラップ部分には、アイコニックな“FFモチーフ型”の留め具を配置した。取り外し可能なショルダーストラップが付属するので、ハンドバッグとしても、クロスボディバッグとしても使用できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です